毎日のパン朝食を「美白食」にしよう!

あなたの朝食は、パンですか?ご飯ですか?

 

もしあなたが「パン朝食派」なら、そのパン朝食にちょっとだけ工夫を加えて、美白のために役立つ「美白食」に変えてみましょう!

 

トーストの工夫

まずは、パン朝食のメインとなるトーストに工夫をしてみましょう。

 

トーストに使う食パンと言えば、「耳の部分以外は白い」という状態の、いわゆる白パンがメジャーですが、ここはできれば、各種ミネラルやビタミンの補給が期待できる「全粒粉パン」にチェンジするのがおすすめです。

 

そして、トーストにマーガリンやバターを塗っている人はそれをやめて、代わりにすりおろした黒ゴマとハチミツを練った「黒ゴマハチミツ」を塗るのがおすすめです。
黒ゴマはなんと、「10種類もの抗酸化成分を含む」という、最強レベルの抗酸化食品。これをすりおろすことによって、抗酸化成分の吸収率を高めるというわけです。
すりおろし黒ゴマ1に対して、ハチミツ2くらいの割合で混ぜるとおいしいですよ。

 

また、ハチミツも抗酸化作用とビタミン含有にすぐれた食材です。

 

黒ゴマもハチミツもヘルシー食材ですので、マーガリンやバターのように「油分の摂りすぎ」などを気にする必要がない、というのも、この黒ゴマハチミツの大きなメリットですよ。

 

飲み物はコーヒーや紅茶より、手作り生ジュースを!

パン朝食の人は、美白のために、トーストの工夫だけでなく、飲み物の工夫もしておきたいところですね。

 

「パン朝食のお供」となる飲み物と言えばコーヒーや紅茶が代表的ですが、できればこれを、生フルーツや生野菜をミキサーで混ぜた、「手作り生ジュース」に切り替えてみましょう。

 

フルーツや野菜のビタミンをしっかり摂ることで、「日中の紫外線による害」に対抗するための抗酸化力をつけるのです。

 

「市販の野菜ジュースでもいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、実は市販の野菜ジュースには、「製造過程で加熱をしたりすることもあって、天然のビタミンCはほとんど残っていない」などという問題があるんですよ。

 

「どうしても生ジュースを作るほどの時間を、朝に取ることができない」という人は、せめて青汁を利用しましょう。
青汁は、栄養素の破損がなるべく少ないフリーズドライタイプのものを選ぶのがおすすめです。

 

もちろん「安心安全の日本製」を選ぶこともお忘れなく!激安の外国製青汁は、原料となる野菜の残留農薬が心配なものもありますからね。

page top