美白のために、特にほしいビタミンは?

美白を実現するためには、食生活の改善も大切なポイント。

 

その中でも特に、ビタミンの摂取は重視すべきポイントなのですが、ビタミンにはいろんな種類がありますよね。

 

数あるビタミンの中で、「美白のために、特にほしいビタミン」とは何なのでしょうか?

 

まずはなんと言ってもビタミンC!

美白のために特にほしいビタミンと言えば、やはりまずは第一に、ビタミンCですね。

 

ビタミンCは「美肌を作るビタミン」と言われているほどに、肌に対するいい作用を持っているビタミン。

 

抗酸化力が強く、活性酸素と戦えるというだけでなく、肌のコラーゲン生成にもひと役買ってくれるスグレモノのビタミンです。

 

ビタミンAは肌を守ってくれる!

強い抗酸化力を持っているビタミンと言えば、ビタミンA(ベータカロテン)も見逃せません。

 

ビタミンAの抗酸化力は、特に、「紫外線による活性酸素に強い」という特徴を持っており、紫外線による肌へのダメージを最小限に食い止めるのに非常に役立つと言われています。

 

ですから、シミやくすみが気になる人にとっては、ビタミンAというのは、ビタミンCと同じくらいか、それ以上に大切なビタミンと言えますね。

 

ただし、ビタミンAは、ビタミンCと違って「過剰摂取しても、尿として排出される」というタイプのビタミンではありませんので、過剰摂取してしまうと、かえって害になってしまうこともあります。

 

ですからサプリメントなどで大量摂取をするのではなく、あくまで「食事の中から、ビタミンAのもととなるベータカロテンを摂る」ということが大切ですよ。

 

血行促進と抗酸化のダブルパワーを持つビタミン

最後にもうひとつ、美白におすすめのビタミンをご紹介しましょう。

 

それは・・・ビタミンE。

 

ビタミンEは、ビタミンCやAに次ぐほどに抗酸化力が高く、さらに「血行を促進して、肌細胞に酸素や栄養がじゅうぶんに行き届くためのサポートをする」という仕事もしてくれます。

 

というわけで、食生活の中で、特に重視したいビタミンは、ビタミンA・C・Eということになります。「ビタミンのエース(ACE)を重視して摂取する」と覚えておくといいでしょう。

page top