レーザー治療について

「このシミを消したい」「目立つホクロを何とかしたい」などといった、ピンポイントの美白を望む人におこなわれる美白施術の代表格となるのが、レーザー治療です。

 

レーザー治療でシミやホクロが消える仕組み

レーザー治療について、多くの人が不思議に思うのが、「そもそもレーザー光を当てることが、なぜシミ消しやホクロ消しにつながるのか」という点でしょう。
まずはそこからご説明しましょう。

 

レーザー治療でシミやホクロが消えるのはなぜか、それをごく簡単に説明すると、「レーザー光でメラニンやメラノサイトを破壊するから」です。

 

レーザー光が皮膚にあたると、その場所にあるメラニンやメラノサイトがレーザー光を吸収するのですが、この時、レーザー光の力でメラニンやメラノサイトが破壊されるのです。

 

つまり「メラニンやメラノサイトが破壊されることで、その後のターンオーバーで新たなメラニン生成がなされないようにする」というわけですね。

 

破壊されたメラニン・メラノサイトはかさぶたのようになって皮膚表面に出てくるため、一時的にシミが非常に濃くなったような状態に見えてしまいますが、このかさぶたがはがれると、その下からはきれいな表皮が形成されてくる、というわけです。

 

レーザー治療の種類

さて、ひと言で「レーザー治療」と言っても、実はそのレーザーには様々な種類があります。

 

というわけでここでちょっと、レーザー治療に使われるレーザーの種類などをご紹介しましょう。

 

まず、今のレーザー治療の主流となっているルビーレーザー。
カメラのフラッシュのような、「一瞬だけの強いレーザー」を浴びせるタイプのもので、一般的なシミ治療にはこれがよく使われます。レーザー治療としてもっとも古くから使われ続けているレーザーであるため実績も多いですよ。

 

このルビーレーザーの改良型として、レーザーの光を十分に溜めておいてからそのレーザーをカメラのシャッターのように一瞬だけ開放する、Qスイッチルビーレーザーというのも、近年では人気です。ルビーレーザーよりも強いレーザーを短時間だけ照射することで、安全かつ効果的にシミ取りができる手段ですよ。

 

ほくろなど、深い部分までメラニン色素が定着してしまっているものに対しては、炭酸ガスレーザーが効果的と言われています。皮膚に含まれている水分といっしょに、黒色化した皮膚組織まで蒸散させて取り除く、というものです。

 

この他にも、赤いニキビ痕に効果がある、と言われるVビームレーザーや、シミだけでなく、あざなどの治療にも使われるアレキサンドライトレーザーなどといったものがあります。

page top