フォトフェイシャルについて

美白を求める人に対して、美容皮膚科や美容外科医で行われる施術の中でも、「光を使う治療」と言えばレーザー治療が有名ですが、それと混同されやすいものとして、フォトフェイシャルというものもあります。

 

フォトフェイシャルとはどんなものなのか、レーザーとは何が違うのか、そうした点をここでご説明しましょう。

 

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとは、IPLというフラッシュ光を顔に当てて、「肌細胞の若返り」をうながすという治療法です。

 

フラッシュ光が肌にあたると、それが熱エネルギーに変わり、熱による刺激が、肌細胞の産生を活性化させるんですよ。

 

肌を構成するコラーゲンやエラスチンなどは「繊維芽細胞」から作り出されるのですが、この繊維芽細胞は、熱による刺激での活性効果が非常に高いのです。

 

フォトフェイシャルとレーザーの違い

フォトフェイシャルとレーザーの違いは、まず、なんと言っても「使われる光の種類と目的」が違います。

 

レーザー光というのは、メラニンとメラノサイトを破壊するための光線ですから、破壊されたメラニンやメラノサイトが一時的にかさぶたのように浮き上がる、という現象が起こるのですが、これに対してフォトフェイシャルは「繊維芽細胞を活性化させ、元気な肌細胞の生産を速やかに行う」ということで、自然なターンオーバーの中で、メラニン等を少しずつ押し出そう、という感じで働きかけるんですよ。

 

また、レーザー治療がピンポイントなのに対し、フォトフェイシャルは広範囲に照射されます。

 

ですから「この部分だけ気になる」という場合はレーザー治療のほうが適している、と言えますね。
そして、全体的な顔のくすみなどには、フォトフェイシャルのほうが適している、と言えるでしょう。

 

美白以外のフォトフェイシャルの利点

フォトフェイシャルは、くすみ対策などの美白にだけ使える手段、というわけではありません。

 

肌を「元気にすみやかにターンオーバーさせる」という作用によって、肌全体の若返り効果が期待できる、というのは、フォトフェイシャルならではの大きなメリットと言えるでしょう。

 

「くすみ解消目的でフォトフェイシャルを受けたけど、小じわや毛穴の開きまで改善した」などという声もよくありますよ。

 

ですから、くすみが気になるだけでなく、「年齢肌」という観点でいろいろ気になるところがある、という人は、フォトフェイシャル治療が適していると言えるでしょう。

page top