美白コスメ使用においての注意点

美白実現のための強いサポート役となってくれる、美白コスメ。

 

きちんと美白成分が配合されており、浸透性と保湿性の両方が確保されたものであれば、美白効果が期待できる、と言えるでしょう。

 

しかし・・・どれだけすぐれた美白コスメであっても、使用において注意すべき点、理解しておくべき点、というのがいくつかあります。

 

ここではそれについてお話ししましょう。

 

即効性を期待するのはやめよう

まず、美白コスメを使用する際の心構えとして知っておきたいこととなるのが「美白コスメには即効性は期待できない」ということです。

 

よく「1週間分のサンプルを試したけど美白効果が感じれられなかった」などという理由で、せっかく選んだ美白コスメの使用を早々にやめてしまう人が居ますが、これはとてももったいないことですよ。

 

なぜかというと・・・美白というのは、基本的には「肌の新陳代謝がおこなわれなければ実現しないもの」だからです。

 

ですから、最低でも、1回のターンオーバーが完了する約1ヵ月までの間は、目に見えての美白効果はほとんど感じられない、と言ってもいいでしょう。

 

良質な美白コスメであっても、美白効果そのものについては「1ヵ月程度で美白のきざしが見え、3ヵ月から半年くらい経過して、ようやく、はっきりとした効果が実感できるようになる」というケースがほとんどです。

 

ですから、美白コスメのお試しセットというのは、「美白効果そのものを確かめる」というよりも、「浸透性や保湿性を確かめる」「肌トラブルが起こらないかどうか確かめる」という感じで使いましょう。

 

ビックリ!美白コスメでシミが目立つように!?

美白コスメ使用時において、意外とよくあるトラブルとして知られるのが、「美白コスメを使ったら、むしろシミが目立つようになってしまった」というもの。

 

こんなことになったら、あわててその美白コスメの使用を中止してしまいそうですが・・・ちょっと待って下さい。

 

実は、「以前よりシミが目立つようになった」という現象は、美白効果が出始めている頃に起こりやすい現象のひとつなのです。

 

というのも、美白効果というのは、まず「くすんだ肌がワントーン明るくなる」というところから出てくるケースが多いからなんですよね。ですから、元々、肌全体がくすんでいた人の場合、美白効果によって肌が明るくなったことで、相対的に、これまで「くすみの色にごまかされて薄く見えていたシミ」が、以前より濃くなったように見えるわけです。

 

ですから「美白コスメでシミが濃くなった!」とあわてて使用を中止する前に、「肌のトーンは、以前と変化していないかどうか」ということもきちんと確かめておきましょう。もし、肌のトーンが明るくなる効果が出ているにもかかわらず、それに気づかずに使用を中止した、ということになってしまってはもったいないですからね。

 

肌のトーンをしっかりと上げてくれる効果が出るほどの美白コスメなら、たとえ、シミは一時的には目立っても、今後はそのシミにも少しずつ働きかけてくれる効果が期待できますよ。

 

「すり込むスキンケア」は絶対にやめよう

美白コスメの使用において、注意しておきたいのが「肌にグイグイとすり込まない」ということです。

 

「美白成分を肌の奥に届けるために」と意識しすぎて、指でぐいぐいとすり込むようにして美白コスメをつける人も多いのですが、これは、すり込みによる肌への摩擦刺激を与えるだけの、最悪の行為です。

 

摩擦の刺激は、くすみ発生の原因ともなってしまいますから、絶対にやめましょう。

 

浸透性を高めるための処方がきちんとなされた良質な美白コスメなら、わざわざすり込まなくても、問題なく肌にスッとしみこんでいくはずですよ。

page top