シミができるメカニズム

シミができるメカニズムはどういうものか、あなたはご存知ですか?

 

「紫外線が肌に当たってメラニンができて、それがシミになっちゃうんでしょ」というくらいのことなら、おそらく誰でも知っているかと思いますが、ここでは、そのメカニズムについて、もう少し詳しくご説明しましょう。

 

活性酸素の発生とチロシナーゼ反応

紫外線が当たると、まず、肌に活性酸素が発生します。この活性酸素は、肌細胞そのものにダメージを与える存在。肌細胞をさびつかせて、老化を招こうとしてしまうのです。

 

こうなると、「肌を紫外線から守らなければ」というメカニズムが働き始めます。
紫外線からのダメージを軽減するために作られるのがメラニン。メラニンの黒い色で紫外線を吸収することによって、肌の炎症等のダメージをやわらげようというのです。

 

つまり、「紫外線が当たると、肌の色を濃くするためにメラニン生成の指令が出される」ということ。
そしてこの指令を受けて、「チロシナーゼ」という酵素が反応を開始するのです。

 

メラニンの生成と成長

チロシナーゼ反応が起きると、元々は肌本来の色であった肌細胞から、メラニンの発生と成長がどんどん起こって、肌の色が濃くなっていくことになります。

 

そして、紫外線によるチロシナーゼ反応から生成・成長したメラニンというのは、基本的には「一時的には増えても、ターンオーバーでまたいずれはがれ落ちていく」という形になります。

 

若いころ、海水浴等で日焼けをしても、冬になるとまた白い肌に戻っていた、というのは、まさにこのターンオーバーのおかげですね。

 

ですが、肌のターンオーバーの力というのは、残念ながら加齢とともに衰えていくものです。若いころなら「焼けてもシミにならなかった」という人であっても、年をとればとるほど、「ターンオーバー時の、細胞生まれ変わりのエラー」が起こり、本来ならメラニンが消えた状態の新しい肌細胞が生まれるはずのところが、「メラニン生成というガンコな信号が残ったまま生まれ変わり、新しい肌細胞まで黒くなってしまう」という状態になりがちです。

 

こうした状態が起こることで、シミが作られていくんですよ。

 

メラニン生成・成長の数が多ければ多いほど、当然のことながら「エラーを起こして、生まれ変わっても黒いままになってしまう肌細胞ができる確率」というのも上がっていきます。

 

だからこそ、肌の曲がり角を迎える20代以降は、「若いころの、少々ムチャをしても大丈夫な肌とは違う」ということを自覚して紫外線をブロックし、メラニン生成そのものを抑えていくことから考えることが不可欠なのです。

 

page top